バレエ

▶バレエ…キッズ(3歳~小1程度)

▶バレエ…児童初級①(小1以上・および初心者)

     児童初級②(初級①を習得後許可)

▶バレエ…児童中級(児童初級②を習得後許可)

▶バレエ…ジュニア(児童中級を習得後許可)

▶バレエ… 一般成人(一般成人入門から経験者)

ヨガ(2017.9~ 一時クローズ。再開時期未定)

 

バレエ…キッズ(3歳~)

踊るとたのしい、踊るとうれしい。という感覚をまず感じましょう。

 

明るい音楽、ゆっくりな音楽、元気な音楽、静かな音楽、速いリズム、2拍子・3拍子、さまざまな音楽になれる為に、みんなが馴染みあるポピュラーな曲に合わせて身体を動かしていきましょう。

 

キッズクラスでは、レッスンに楽しく通えることが大事です。その中で、先生のお話に耳をかたむけること、自分の順番を守ること、周りを見ながらぶつからないようにうまく並べるようになること。など基本的なレッスン参加の態度をきちんと身につけていきます。

 

日曜・土曜はキッズAとキッズBに分かれます。水曜・金曜は3歳~6歳まで合同です。

キッズBは年長さん以上、初めて習う小1年生もこのクラスからをおすすめしています。

幼児クラス12 幼児クラス6

 

キッズバレエの目標

年少さん以下→レッスンの中でいくつかのお約束があり、それに注意を向けられること。楽しくレッスンに通うこと。先生やクラスのお友達に慣れること。

年中さん→その約束をきちんと守れること。先生とコミュニケーションをとれること。先生のお話をきちんときけること。

年長さん以上→先生に言われたことを理解しながら体を動かせるようになること。きちんとあいさつができ、先頭にたってキッズみんなのお手本として積極的に踊りに参加できること。などです。

技術的には・・・児童クラスに上がるまでに、右と左をちゃんと使い分けること、バレエの基本的な手のポジション、基本的な足のポジション、基本的なステップ、基本的なポーズをマスターすることと、発表会で堂々と笑顔で踊ることです。

幼児クラス3 幼児クラス17

 

バレエ…児童初級①②

バレエの基礎となる動きを丁寧に指導します。そのためには、まず、自分の身体をまっすぐにキープできる身体をつくります。床をつかって左右バランスよくストレッチや筋トレを行います。バレエの動きに必要な柔軟性と筋力を低学年からきちんと身につけます。

 

児童初級①・・・バレエの基本を正しく習得できるようにします。正しいストレッチの仕方、ポジション、立ち方、バレエ用語など新しい言葉も覚えます。

児童初級②・・・児童初級①を習得し、一定の条件を(レッスン回数等)クリアした後に進級を許可します。基本をしっかり反復していくため、集中力や粘   り強さが必要になってきます。

 

初級クラスでバーレッスンの初級レベル(正しいポジションや、足や腕の運び。バレエの基本用語)や、センターレッスン初級(バレエらしい基本の動きとその用語)を習得します。

 

ペアで行うステップや踊り、マイム(お芝居の基礎)なども取り入れ、バレエへの興味を広げていきます。発表会では、いろんな小道具を使うことも多いです。(フラフープ、タンバリン、一輪車、トランポリン、ブーケ、シルクハットなどなど)

____100 (3) ____102

 

バレエ…児童中級

児童初級の内容を理解し身につけたうえで,中級クラスの内容に適応できる体力や筋力、レッスン量が十分と認められた生徒が参加できます。進級には一定の条件があります。

バレエの動きの多くを習得します。基本用語やレッスン中の心がけについても厳しく学びます。低学年からバレエの基礎を身につけ、上体がキープできる筋力が身についたら、いよいよトウシューズ!!本格的なバレエに近づきます。

バレエを始めて4年くらい経過し、週に2回以上のレッスンに通い、なおかつ将来的にもっと上達したい希望がある高学年の生徒は、相談によりトウシューズレッスンの許可をしています。

あこがれのトウシューズで踊るまでは、簡単にはいきません。バーレッスンもセンターレッスンも新しい動きがどんどん増え、ますます難しくなります。でも、がんばってこの時期をクリアすると、もっと楽しいすばらしいバレエが見えてきます。

一般成人の初級程度の経験者のかたも一緒に受講できます。

児童中級4 児童中級5

 

 

バレエ…ジュニア

「ちゅちゅ」ではだいたい小学校高学年からジュニアが主体となって活動しています。このころの技術の上達はめざましいです。メンバーみな、バレエとしてお客様に恥ずかしくない踊りができることが目標です。

バーレッスンも一通り、一般的に通用する内容になります。センターレッスンはどんどん複雑になりますが、楽しみながら常に新しいことにもチャレンジしています。基礎から応用へとなり、技術も体力も知識も必要となります。床を使ったストレッチや筋トレも児童と同じように継続します。

発表会ではそれぞれ個性を生かし、さまざまな役にチャレンジしたり、ソロを踊ったり、活躍の場も増えてきます。目標も大きくなり男性ゲストとのパ・ド・ドウにチャレンジするチャンスもあります。

受験や、部活動、勉強との両立で悩む時期です。また、心身ともにさまざまな悩みと壁にぶち当たる時期でもあります。バレエと向き合うことで悩みも増えてきます。そんな中、少しずつでもバレエを長く続けるため一緒に悩んで考えていきますので、なんでもご相談ください。

一般成人の中級程度の経験者の方も参加できます。

ジュニア バー1 ジュニア バー2

 

 

バレエ…日曜特別クラス(中上級)

バレエ経験5年以上で、条件を満たして許可を受けた方のクラスです。対象、内容等はお問い合わせください。(特別にコンクールなどを目指すためのクラスではありません)

 日曜中上級 2588

 

 

バレエ…一般入門初級

みなさん全く初心者で入られる方がほとんどです。ストレッチからバレエに適した筋力強化も行いながら楽しくレッスンをしていきます。

バレエは同じ動きを左右両方から行います。身体をバランスよく動かすことで、身体を健康的に保ちます。優雅な音楽、しなやかなバレエの動き、あこがれはあるけれど、なかなか勇気がでないという方も、基礎からゆっくり指導しますのでご安心ください。

子供の頃挫折した、とか、お金がかかるから親に反対されてあきらめた・・といったもったいないお話をよく伺います。もう一度、今度こそ、と思う方はぜひ。

子育て中のリフレッシュもよし、女子力アップを狙うもよし!まずはバレエってこんなに身近にあるものなんだ・・と感じてみてください。同じようなママさんたち(先生も!)のクラスですので、お気軽に一度体験してみてはいかがでしょう? 全く初めての方も、どうぞ勇気を出して!!

一般クラス2 一般クラス1

 

 

バレエ・・・一般初中級

ある程度バレエのご経験がある方は、ジュニア中上級クラスに参加も可能です。その他の全バレエクラスにご参加可能です。

子供時代からブランクのある方や成人から始められた方も、希望される方には条件を相談の上、トウシューズレッスンも行います。

もちろん発表会も参加できます。強制ではありませんので、「発表会は恥ずかしいわ」「あまりレッスンにこれないけど続けたい」という方は、レッスンだけの参加もOKです。ただ、発表会にむけて自分と向き合い、時間のやりくりをしながら目標に向けて突き進む努力は、必ずご自身を成長させてくれ、違う自分を発見できます。大きな自信となるはずです。そのお手伝いを心からの誠意をもってさせていただきます!!一度、発表会のスポットライトを浴びたら、もうスター気分でやめられない方が多いですよ!

1028 P002493

 

ヨガ (2017.9~クローズとなっています。再開時期は未定です)

心身のリフレッシュだけでなく、体の不調を改善することを目的としたヨガを心がけてレッスンを組み立てています。

病気や怪我などの症状に対して薬を投与したり、外科手術によって治療を行う西洋医学に対し、自然治癒力に働きかけて、身体本来のバランスを取り戻すのが、代替療法(予防医学)です。ヨガは、この代替療法に分類され、病気になりにくい身体をつくり、自然治癒力を高めるために歴史的に行われているものです。

ヨガを行うことで、深い呼吸を意識し、身体を弛緩させ、脳波をリラクセーション状態に導きます。そして、目的別にさまざまな動きを取り入れながら、心身のバランスを取り戻していきます。

ヨガの語源「yuz(ユジ)」には「つなぐ」「結びつく」といった意味があり、自分の身体と心との結びつき、人と人との結びつき、地球と宇宙との結びつきなどを感じていきます。自分が今、存在することへの感謝や、今の自分をありのまま受け入れる素直な心を見つめなおしていきます。

自分自身と向き合うことは、時に、いい面も悪い面も感じることになります。しかし、今を受け止める、今を生きる幸せに感謝する、そんなヨガの原点を忘れずに、一つ一つのアーサナ(ヨガのポーズ)を深く味わいながら、健康な身体を維持していきましょう。

 

☆ヨガクラスについて

2017年9月~スタジオちゅちゅすべてのヨガクラスを一時クローズさせていただきます。詳細は後ろページ「お願い」の項目にお知らせさせていただきました。

   

 


Copyright(C) スタジオちゅちゅ All Rights Reserved.